ランダム表示


【29】グランドティートン国立公園(Grand Teton National Park):コルターベイ(Colter Bay)の無料ツアー(後編)、車のトラブル:7日目(4).2012年6月16日(土)

========================================== 最初にポチッ↓、        ポチッ↓   とふた押し。ブログランキング参加しています。     にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ ========================================== 写真をクリックすると、別窓で写真が大きく開きます。 今日は、グランドティートン国立公園に3日間滞在の2日目である。 前回は、午後からコルターベイ(Colter Bay)の無料ツアーに参加し、途中、ペリカンを撮ったところでおわった。 【今日の計画】 グランドティートン国立公園で野生動物を見、景色を見る。 【今日の天候】 天気予報では「曇り」だったが、朝から天気がいい。1日、晴れていた。 【今日の行動】 【コルターベイ(Colter Bay)の無料ツアー(後編)】 A:グランドティートン国立公園の宿:Jackson Lake Lodge。B:コルターベイ(Colter Bay)(コルター湾)。グーグル地図では、車で9.4 km、12 分とある。 大きな地図で見る Grand Teton National Park (U.S. National Park Service)のサイトにHermitage Pointのハイキング用地図がある。前回歩いたところを赤く書いた。つもりが、スワン湖(Swan Lake)を少し超えて線を引いてしまった。赤線右の「1.2 mi」とあるのがスワン湖(Swan Lake)です。スワン湖に最初に出くわしたときは休憩せず、スワン湖の最後の方で小休止・説明がありました。赤線矢印の先の水たまりは、ヘロン池(Heron Pond)です。そこで右折して戻ります。 コルターベイ・ツアー1 60代の男性ガイド(Doug Crispinさん)に14人の参加者で、3時間のトレイルに12:58に出発した。 スワン湖(Swan Lake)につきました。 120616_3388 ガチョウがいた。 120616_6272 120616_6273 120616_3389 120616_3390 湖のでき方、池の植生、動物相について説明した。 120616_3391 先ほど飛んでいたペリカンでしょうか。水面を泳いでいます。 120616_6283 上の写真の拡大です。 120616_6283-1 ペリカン ガチョウも泳いでいます。 120616_6285 別のカメラで撮りました。 120616_3398_0008 パナ 120616_6284 ここには、〇〇が泳いで・・・いません。 120616_6286 120616_6287 スワン湖(Swan Lake)の次に、ヘロン池(Heron Pond)の水辺に来ました。ティートン山が美しい。もう、半分以上過ぎました。 120616_3393 120616_3394 説明です。 120616_6281 また、歩きます。もう戻りです。 120616_3395 レンジャーおじさん、急に「ストップ」、と全員に指示した。なんでしょう。前方の林の中に、小鹿がいた。見えます? 写真をクリックすると、別窓で写真が大きく開きます。 120616_3399 見えません? いるんですけど。見えない人は仕方ない。 意地悪しないで、少し大きくしましょう。遊歩道に小鹿がでてきました。 120616_6288 親鹿は画面に映っていないが、鹿の親子です。 120616_6289 120616_6293 120616_6296 ところが、この小鹿、人間がいるのを知っているのに、小道で草をはんでいる。逃げない。しばらく、待っていたが、レンジャーおじさん「しゅっパーツ」。ツアー一行は、小道を進んでいく。 120616_3401 人と鹿を一緒に撮りました。わかります? 人のすぐ先の小道に鹿がいます。 120616_3403-1 鹿の親子は丘にあがり、ツアー一行と並行して歩く。 120616_6298 120616_6299 120616_6300 ガチョウに再び遭遇。 120616_6303 120616_6304 突然、小道で馬とすれ違います。乗馬ツアーの馬のようです。お客さんはいません。鹿に会った直後に馬に会う。逆だと、・・・。アメリカ人には通じない思いですね。 120616_3410 花も可憐です。 120616_6314 120616_6311 120616_6321 120616_6305 120616_6308 レンジャーおじさん、説明する。ここらに熊(ブラックベアー)がいるとのこと。その証拠に、樹に爪痕がある。 120616_3413 120616_6310 120616_6317 熊が樹の幹の皮をはいでしまう。 120616_3422 熊に倒された樹もある。 120616_6309 ツアーは、終わりに近い。 120616_3428 120616_3429 120616_3430 120616_3431 出発してすぐの分岐点まで戻ってきた。 120616_3432 120616_3433 120616_6323 120616_6322 コルターベイ(Colter Bay)ビジターセンターに戻ってきた。15:58にツアーが解散となった。丁度、3時間で、とても正確だ。 120616_6327 120616_6328 少し休憩し、トイレに行った。トイレの前に飲料水が設置されていたのでその水を飲んだ。冷たくておいしい。飲料水を汲む設備もあり、カラのボトルに飲料水をいれた。 部屋(Jackson Lake Lodge359室)に戻り、休憩。 【車のトラブル】 部屋で夕飯を食べ、19:00、眺めのいい場所であるシグナル山(Signal Mountain)とオックスボーベンド(Oxbow Bend)に行こうと、部屋(Jackson Lake Lodge359室)を出発する。 車を出そうとすると、大変! エンジンがかからない。エンジンオイルとバッテリー液が不足と警告ランプが出た。困った。 ハーツのレンタカーなのだが、整備がおかしいのだ。Jackson Lake Lodgeの敷地内にガソリンスタンド兼サービスステーションがあることを思い出し、そこで対応しようと考えた。その前に、ハーツに電話して、この事態を伝え、経費がどうなるのか、ハーツが払ってくれるなら(当然そうだと思っているが)、どんな書類がいるか聞いてみることにした。 ハーツのレンタカーの電話番号はトールフリーの1-800-654-3131である。ロッジの部屋から電話をする。そこにつなぎ「Japanese Desk, Please」というと日本語のわかる人につながるとハーツの翻訳免許証に書いてあった。ホテル室内からだと9発信なので、9-1-800-654-3131である。ところが、何度電話しても、654の4を押したところで、変な音がしてかからない。 電話はあきらめ、ガソリンスタンド兼サービスステーションに車でいくことにした。今度は警告サインが出ず、何とかエンジンがかかった。ところが、ガソリンスタンド兼サービスステーションは17:00閉店である。朝は7:30開店とある。 仕方ない。今夜は外出しないで、部屋にいることにした。 夜、ハーツの契約書を隅々まで読んだが、エンジンオイルの負担はだれがすべきか書いてない。困った。 【部屋(Jackson Lake Lodge359室)からティートン山)】 部屋(Jackson Lake Lodge359室)からティートン山はスバラシイ。夕暮れのティートン山。写真をクリックすると、別窓で写真が大きく開きます。 120616_3441-1 120616_3442-1 120616_3443-1 120616_3444-1 今回はここでおしまい。 ご覧くださって、ありがとうございました。 【本日のまとめ】
  1. 観光した場所 グランドティートン国立公園(ワイオミング州)の各場所 (1)ジェニーレイク(Jenny Lake)、ドライブ、湖畔 (2)ジャクソンレイクロッジ(Jackson Lake Lodge)の朝食バフェ (3)コルターベイ(Colter Bay)の無料ツアー
  2. 観光にどのくらい時間がかかるか? (1) 1時間半:昼間に行くと違うかも。 (2) 40分 (3) 3時間:前後もあるから3時間半は必要。
  3. どういう観光をすれば効率的か? レンタカーがなければ、今回のような観光はできないので、レンタカーがおススメ。
  4. 観光のクチコミ。< >はおススメ度の5段階評価:5は是非、4はなるべく、3は普通に良い、2は時間があまったときに期待しないで、1はやめた方が良い。 (1)は、昼間に行くと違うかも。<5段階の5> (2)宿泊していなければ、来ることはないでしょう。<5段階の3> (3)このコースは3時間と長いけど、平地を歩き、景色がよく、植物・湖沼・動物の説明があり、素晴らしい。参加したアメリカ人の反応が面白い。レンジャー・プログラムは、英語がわからなくても、国立公園を理解しやすいので、なるべく参加した方が良い。アメリカ人は積極的に参加している。<5段階の5>
  5. トラブル体験:夜、車のエンジンがかからない。今夜は未解決。
  6. 走行距離:グーグルマップ上では、■ kmのところ実際は、■ km
  7. 経費(宿泊費、食費は除く)、2人分: *
【今日の人生訓】 「もし悩みの種を抱えているならば、ウィリス・H・キャリアの公式を使って、三つのことをやってみるべきだ。 1.「起こりうる最悪の事態はとは何か」と自問すること。 2.やむをえない場合には、最悪の事態を受け入れる覚悟をすること。 3.それから落ち着いて最悪状況を好転させるよう努力すること。」 (デール・カーネギー、1888~1955年) 旅行で生じる問題のほとんどはカネであると、自分は、考えている。「予想外のカネの請求」・「理不尽な出費」・「合理的な出費でも自分の損はイヤ」、が不愉快なのだ。今回、最悪の事態は、明日中にレンタカーの修理ができないことだ。となると、明日の宿をキャンセルすることになる。つまり、合算すれば、数百ドルの損失になり、不愉快でもある。しかし、カネと不愉快だけだと思えば、気が楽だ。ただ、若いころは、「不愉快」が我慢できなかった。 本日が幸せに満ちた1日でありますよう。 今日も笑顔で!