ランダム表示


【32】イエローストーン国立公園(Yellowstone National Park):野生のバイソン、ゴールデン・ゲイト・キャニオン(Golden Gate Canyon)、景色:2012年6月17日(日)、8日目(3)

========================================== 最初にポチッ↓、        ポチッ↓   とふた押し。ブログランキング参加しています。     にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ ========================================== 写真をクリックすると、写真が別窓で大きくなります。是非、写真を大きくしてご覧ください。 前回は、イエローストーン国立公園のオールド・フェイスフル・ガイザー(間欠泉)の噴射を見たところでおわった。 【今日の計画】 車の修理が最優先であるが、昨日の昼間までは以下の予定だった。 今日は本来、グランドティートン国立公園からイエローストーン国立公園への移動日である。イエローストーン国立公園へは1時間半で着くし、今夜のホテル(イエローストーン国立公園のマンモスホテル)はさらに1時間半と楽勝だ。イエローストーン国立公園には5泊するので、グランドティートン国立公園のまだ見てないところを見てから行こうと昨日の昼間は考えていた。1つは、ティートンパークロードへ入って直ぐのシグナルマウンテンである。もう1つは、ジェニーレイクで湖を船で渡り、向こう岸で散策し、再び船で帰ってくるコースである。その後、イエローストーン国立公園にいこうと予定した。 【地図】 A:グランドティートン国立公園の宿:Jackson Lake Lodge。 B:イエローストーン国立公園オールドフェイスフル。地図では101 km – 約 1 時間 29 分。 C:イエローストーン国立公園の宿:マンモスホテル(Mammoth Hotel)。地図では、B地点から、83.0 km – 約 1 時間 24 分。 大きな地図で見る 【今日の天候】 朝から天気がいい。1日、晴れていた。 【今日の行動】 【イエローストーン国立公園の野生のバイソン親子】 ハーツのナビ・ネバーロストを今夜の宿・イエローストーン国立公園のマンモスホテル(Mammoth Hotel)にセットし、16:52にオールドフェイスフルを出発した。途中、1頭の野生のバイソンを見つけた。 120617_6414 このバイソン、動きがなんとなくおかしい? 120617_6416 遠くからではわかりにくいが、親バイソンの胸というべきか腹というべきか、胸腹の下に、子バイソンがいた。 120617_6416-1 バイソン親子 【イエローストーン国立公園の景色:ゴールデン・ゲイト・キャニオン(Golden Gate Canyon)】 バイソン親子と別れ、車を走らせる。国立公園に来ているのだから、美しい景色を鑑賞したい。2回ほど車を停めた。 1回目の景色のいい場所。写真は「大きなものを小さく、小さなものを大きく」写す。大きな景色を写真に撮るのは難しい。 ゴールデン・ゲイト・キャニオン(Golden Gate Canyon) 120617_3484 道のないところに土台を作り、その上に道路を作っている。「ゴールデン・ゲイト・キャニオン(Golden Gate Canyon)」 120617_6425 イエローストン―からマンモスへ行く道は、かつては、急斜面や雪道で大変だった。1884-85年、米国陸軍が、このゴールデン・ゲイト・キャニオン(Golden Gate Canyon)を通る道を作った。「Golden」は、このあたりの岩の色が黄金色だったことに因んでいる。「Bridging the Golden Gate」の説明板 120617_6433 水量は少ないが、右下に川が流れている。 120617_6426 120617_6429 小川の向こうに見える岩壁の色が黄金色。模様も美しい。この岩の黄金色に因んでこのあたりの渓谷を「ゴールデン・ゲイト・キャニオン(Golden Gate Canyon)」と呼ぶ。 120617_6432 120617_3483 【イエローストーン国立公園の景色:その2】 ゴールデン・ゲイト・キャニオン(Golden Gate Canyon)から、ドライブすると、景色の良い場所がある。車を停めて、景色を見る。場所の名前はわからない。 120617_6437-1 120617_6438-1 道路の両脇の岩が独特である。美しい。 120617_6436 120617_6435 この岩、なんでしょう。 120617_6434 今回はここでおしまい。 ご覧くださって、ありがとうございました。 本日が幸せに満ちた1日でありますよう。 今日も笑顔で!