ランダム表示


【53】イエローストーン国立公園(Yellowstone National Park):イエローストーン湖(Yellowstone Lake)の夕焼け:2012年6月20日(水)、11日目(3)

========================================== 最初にポチッ↓、        ポチッ↓   とふた押し。ブログランキング参加しています。     にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ ========================================== 写真をクリックすると、写真が別窓で大きくなります。是非、写真を大きくしてご覧ください。 前回は、レイク村のゼネラルストアから帰り、ホテルで昼寝し、17:00に起きたところで終わった。 【今日の計画】 イエローストーンへ国立公園内のレイク・ホテル(Lake Hotel Lakeside)260号室に3泊した。今日は2日目である。昨日から体調が悪いので、今日は、休憩の予定。本来は、レイク地域からキャニオン地域の方に数マイル戻ったとこにあるマッド・ボルケーノで泥沼がボコボコ噴出している「地獄めぐり」、また、美しい緑の平原低地であるヘイデンバレー、さらに、イエローストーン川を遡上するマスのジャンプを見に行こうと考えていた。マッド・ボルケーノは昨日見てしまった。 ●早朝、レイク・ホテル(Lake Hotel Lakeside)で休憩。 ●午前、休憩。 ●昼間、レイク・ホテル(Lake Hotel Lakeside)付近を散策。 ●夕方、休憩。 【地図】 ●地図はレイク・ホテル(Lake Hotel、地図のほぼ中央にある)を含むレイク村(Lake-Village)一帯。(出典:元地図は対話式 Lake Village Vicinity Interactive Map - Yellowstone National Park)。 LAKE VILLAGE AREA MAP2 【今日の天候】 朝から天気がいい。1日、晴れていた。と言っても、標高2373メートルである。結構寒い。 【今日の行動】  【イエローストーン湖(Yellowstone Lake)の夕焼け】 ホテルで昼寝し、17:00に起きた。部屋から外を見ると、たそがれてきた。夕焼けが見えるかもしれない。外に出て写真を撮る。 写真では夕方に見えないが、夕方である。夕方の雰囲気はあるのだが、明るく撮れてしまい、昼間の雰囲気に写ってしまう。人生も写真に撮ると、たそがれ人生でも華やかに写っていいかもしれない。 120620_3610 夕方の雰囲気に撮ったけど、雰囲気でてます? 120620_3611 夕焼 ここで、わざわざ言うことないけど、写真をクリックすると、写真が別窓で大きくなります。是非、写真を大きくしてご覧ください。 120620_3612 夕焼 120620_3613 夕焼 120620_3614 夕焼 120620_3615 夕焼 120620_3616 夕焼 120620_3617 夕焼 120620_3618 夕焼 120620_3619 夕焼 120620_3620 夕焼 ホテルに戻る。裏玄関からイエローストーン湖(Yellowstone Lake)を撮る。 120620_3622 夕焼 しつこく撮る。 120620_3623 夕焼 ホテルも撮る。 120620_3625 夕焼 ホテルの部屋に戻ったけど、外はまだ少し明るい。部屋は2階の端にある。2階から非常階段にでて、3階に登り、踊り場から撮る。カメラマンはいい写真を撮るために場所を選ぶ。コマッタもんです。 120620_3627 夕焼 120620_3627-1 夕焼 120620_3628 夕焼 今日は全く車に乗らなかった。 今回はここでおしまい。 ご覧くださって、ありがとうございました。 【本日のまとめ】
  1. 観光した場所 イエローストーン国立公園(ワイオミング州)のレイク・ホテル(Lake Hotel Lakeside)周辺
  2. 観光にどのくらい時間がかかるか? 適当。
  3. どういう観光をすれば効率的か? 適当。
  4. 観光のクチコミ。< >はおススメ度の5段階評価:5は是非、4はなるべく、3は普通に良い、2は時間があまったときに期待しないで、1はやめた方が良い。  必見なものはない。<5段階の2>
  5. トラブル体験:なし。
  6. 走行距離:0マイル(0 km)
  7. 経費(宿泊費、食費は除く)、2人分:0ドル。
本日が幸せに満ちた1日でありますよう。 今日も笑顔で!